試作、和梨と日本酒のコラボ(1)

ネットで見つけたレシピ。

日本酒に和梨を浸して、いただく。

レシピはいたって簡単。

和梨をスライスして、日本酒に浸し、ラップして冷蔵庫に半日以上。


で、買ってきた。

なんと、豊水はもうおわりか?

新高(にいたか)梨しかなかった。


新高梨って、たぶん、わし食べたことない。

ソフトボールぐらいの大きさで、結構大玉の梨だ。
新潟県の「天の川」と高知の「今村秋」の交配なんだとか。
新潟と高知の掛け合わせで、新高・・・ ベタすぎ orz

で、実際食べてみると、豊水ほどの甘さは感じないが、
スゲーすっきりした甘さ。で、かつ、一度静まった甘みが、
再びぶり返す。このぶり返しの甘さは、結構まったりとした甘さだ。

確かに果肉は硬いが、和梨としては、かなりいける。
これを漬けて果たして?って幾分不安は残るが、
和梨としては、私的には好きな種類だ。

で、お相手のお酒は、鷲の尾の金印。岩手県の八幡平のお酒だ。
下手な甘みもなく、さらっとした感じのお酒で、しつこくない感じ。

まぁ、お酒のことは酒好きに聞いてもらうとして、
この相性・・・どっちもタンパクな感じ。
香りとしては新高は、香りがいまいちつよくない感じがするので、やや、なしの香りって感じになるのかな?

で、甘みに関しては、お酒の方の甘みはないに等しいので、
どれだけ、新高の2回目のまったりした甘みがお酒にうつるかが
ポイントかとおもわるる。

さて、今晩だな。楽しみ♪

PS.
お酒情報、嘘です!
いま余ったお酒をっちびちびやってたら、甘さが後から来る。
う~・・・で、なしをつまみにしてたので、甘さのこらぼがさらに・・・
これは期待できそうだ!www

151021_1103~01

151021_1103~01

関連記事

ページ上部へ戻る