むずむず脚症候群

むずむず脚症候群は、ヘム鉄不足が原因?だけど・・・

むずむず脚症候群は、ヘム鉄不足が原因?だけど「ヘム鉄」のサプリメントを飲んでもむずむず、ぴくぴくは治らない。

実は、むずむず脚症候群って実際のところ原因が明確にわかっていないのが現状です。
というよりも、原因が沢山あって絞り込めないということらしいです。

ただし、根本的な原因は、神経伝達物質の不足。なぜ神経伝達物質が不足するのか、それが人それぞれで原因が明確にならないということですね。

医者の多くは、むずむず症候群に対してドーパミンの作用を補う薬が使うようですが、それでも鉄分不足でなかなか症状が改善されない人もおおいようです。

医者の処方する薬品でフェリチン(貯蔵鉄)が増えなかったり、また、逆に薬の副作用が出たりと結構厄介な状態です。
むずむず脚症候群そのものは命にかかわるものではないのですけど精神的にストレスがたまりうつ病などが心配されます。


むずむず症候群とヘム鉄の関係


sick_keirenむずむず症候群は、神経伝達がうまくいっていない状態と考えられ、それはドーパミン不足という図式です。
ですが、ヘム鉄は、ドーパミンの補助物質で、そこが本当の原因か不明です。

ヘム鉄を補給したところでむずむず症候群が改善されないのは、ご自身のむずむず症候群の原因がそこではないということにすぎません。

よく医者の処方で改善されないとさらにストレスを抱えてしまう方がいますが、医者は、完璧ではありません。
なのでセカンドオピニオンと一人の医者ではなく複数の医者にみてもあるという考え方があるぐらいです。

とはいってもセカンドオピニオンが同じ系列(医大の系列)が同じだと同じ診断が出ることが多いことも注意しなければいけない点です。

そういうことですから、医者にかかったのに改善されなかったと滅入ることはひとつもありません。

ヘム鉄補給以外にも対策は他にも沢山あります。
もともとムズムズ症候群は根本原因はわかっていても、それがなぜ起こるのか理由が人によって様々なので対策も山ほどあるということです。

むずむず脚症候群 の 治し方


  • 現在投与している薬品の使用をやめる(別の病気に関してのことなので医師との相談が必要です)
  • カフェイン・アルコール・ニコチンなどの摂取をやめる
  • ドーパミンの機能障害から、生活リズムの安定化


などがありますが、実際に神経伝達に生じている不具合の原因はやってみて確かめるしかありません。

ドーパミンを増やせばいいということでドーパミンの成分となるドーパムクナやヘム鉄を補給するということになります。
hourensou_spinach
むずむず症候群ということで、即座に鉄分不足という図式になり、鉄分補給ならホウレンソウなどの食物で摂取できるよね?と思いがちですが、ヘム鉄は鉄分ですが、ホウレンソウには含まれていません。どちらかといえばレバーなどの動物性食品に含まれます。

とか考えると食生活で鉄分(ヘム鉄)補給は、手間がかかります。

そこでサプリメントで補給するのが便利です。
むずむず症候群屁の効果を期待したサプリメントにはドーパムクナやヘム鉄をはいごうしているものがあり手軽に試すことができます。

フォーパムクナは、もともと精神をプラス思考に切り替えるハーブですが、期せずしてそれはドーパミンの増加の助けにもなります。ヘム鉄は、ドーパミンの働きを助けるために使用されており、こちらもサプリメントなどで補給が可能です。

数か月試すことで多くの場合、効果が確認できます。
それで効果が見られなければ、また別の対策を試してみると気長に「楽しみながら」改善を目指していくのが大切です。

とりあえず、多くの方の原因となっているだろうドーパミンの補強からはじめてみる、実際に自分で行動することがだ大切ですね。

多くの方が効果を実感できたという口コミをよせているむずむず症候群サプリメント





関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。