むずむず脚症候群

むずむず脚症候群は、亜鉛、鉄分、葉酸不足などが原因で起こります。

むずむず脚症候群は、亜鉛、鉄分、葉酸不足などで起こります。
このほかに妊娠、アトピー性皮膚炎、甲状腺機能低下症、糖尿病性神経障害、アルコール性神経障害、慢性腎不全、尿毒症性神経障害、など原因は様々です。

むずむず症候群は、ドーパミンの不足により起こると考えられていて、亜鉛欠乏よりも鉄分の不足と診断され、鉄分補給を促される場面が多いようです。


むずむず脚症候群 の病状


主に足、ふくらはぎで起こる症例が多いようですが、足に限らず体中のどこでも発症します。
足が むずむずしたり、火照ったり、足を虫が這い回っているような感じになり、痛いような痒いようなとこれもまた様々な病状が現れます。

一般的には、
  • 痙攣
  • チクチク
  • 痛痒い
  • だるい
  • 電流が流れる
  • かきむしりたくなる
  • ピクピク
  • ソワソワ

といった状況で、脚が自然に動いてしまったり、イライラしたりと不快感満載の状態で、一番困るのは、夜に眠れなくなったり、また、寝ていても足がいきなり動いたりと睡眠不足に陥りやすいことです。


亜鉛不足の場合起こること


亜鉛が不足しているとムズムズ初稿群の他にこんな病気が心配されます。
  • 皮膚炎・脱毛・抜け毛・切れ毛
  • うつ状態・記憶力の低下
  • 味覚障害
  • 亜鉛欠乏性甲状腺機能低下症:自己抗体陰性で甲状腺重量6gの小さい甲状腺に多いようです。(セレン欠乏症・亜鉛欠乏症は甲状腺機能低下症)
  • 糖尿病
  • 免疫能低下・感染症・創傷治癒遅延
  • 下痢
  • 性欲減退・精子数の減少・生理不順
  • 発育不全、骨格奇形、関節炎
  • 骨粗鬆症

等があります。


むずむず症候群は


  • 亜鉛欠乏
  • 鉄欠乏性貧血
  • 葉酸欠乏症
  • アトピー性皮膚炎
  • 甲状腺機能低下症
  • 糖尿病性神経障害
  • アルコール性神経障害
  • 慢性腎不全
  • 尿毒症性神経障害
  • 痛風
  • 抗うつ剤
  • パーキンソン病

等で発祥する可能背があげられます。

原因がはっきりしている場合は、医師との相談で対処可能ですが、私が過去そうだったように、そこまで行っていない場合には、自分で原因を探ることも可能です。

私の場合、それほど重症でもなかったのと、まったく個人的に医師を信用していないということもありました。
もちろん、すべての医師ではありませんが、初めての病状に関しては、必ず4~5か所のセカンドオピニオンを探すといった性格だったので・・・(笑

むずむず脚症候群の原因を探る


鉄分の不足が一般的にいわれていたので、鉄分補給を試してみました。
サラリーマンなので食事からとるのは、なかなか難しいということもあり、サプリメントを利用してみました。

多くの場合、サプリメントは1~2か月使ってみて効かないと判断する方が多いようですけど、サプリメントは栄養補助的なものなので数か月で決定的な改善がみられるのはまれだということを知っていましたから、1年ぐらいと気長に構えていました。

せっかくなので、鉄分、ドーパミン補助、葉酸、ビタミンを補強するサプリメントを試してみたのですが、6カ月ほど続けていたら、むずむずした感じ、虫が這うような感じで夜中目が覚めることがなくなり、日中もまったくでなくなりました。

重症の場合には、どうかわかりませんし、ムズムズ足症候群の場合、亜鉛不足なども原因の一つとされているので人によって効果は様々なので誰にでも効果が期待できるサプリメントではありませんが、私の場合はたまたま1つめの栄養分補助で病状が改善されました。

以前の寝不足によるイライラや今後重要になったらとか別の病気にならないかといった不安感も解消されました。


私の使ったサプリメント

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。